Dying of Cancer

余命を的確に予測、あなたらしく終末期を生き抜く


このホームページについて


ガンに侵されたら、どのように死んでいくのでしょう?




ガンの最期の迎え方を

教えてもらったことがありますか?




ガンの終末期を穏やかに過ごすために

残された時間を予測することは

とても大切なことであると思いませんか?




もしかしたら、

このサイトで書いてある

ガンになったらどうやって死んでいくかを知ってしまうと

絶望されるかもしれません。




しかし、

ガンの臨終までの症状や過程を

知ることは恐ろしいことかもしれませんが、

真実を知ることで安堵する部分もあるでしょう。




ガン終末期の症状を理解し、

残された命の長さを知り、

治療可能であることを知っておくことで

有意義な人生の終末を迎えられると

わたしは信じています。



最近は、

ガン治療を開始したときから

緩和ケアを始めることが推奨されています。



ガンの治療を行いながら、

「ガンに侵されたらどのように終焉を迎えてゆくか」

という

心の準備をしておくことが、

緩和ケアの第一歩です。



ガンを克服する方法だけではなく

うまく付き合いながら、

最後を迎える方法を

考えていこうではありませんか



このサイトで伝えていることは
現実的過ぎるかもしれません。



しっかり現実と向き合い、

自分の病気、家族の病気の状態を正しく知り、

心の準備することで不安を減らせると思います。






このサイトでは
抗悪液質作用のあるEPAにも触れています。


研究段階ですが、

EPAにはガンによる体重減少を抑える作用

言い換えれば「体力低下を抑制する作用」が

あるかもしれないのです。





また家族が、

最期の大切な時間を患者と過ごすための

チョットしたアドバイスをさせていただいています。

家族に出来ることは…






このサイトに訪れた方々の不安が

わずかでも軽減、緩和できたらと願い

運営していきたいとおもいます。



不安を少しずつ減らしてゆきましょう。



そしてあなたの死に方ではなく
あなたの生き方を決めてください。



このサイトの主なカテゴリー



余命の予測法 現在の症状からおよその余命を予測します。

       どれぐらい残された時間があるのか?

       知りたい方はコチラのカテゴリーを

       読んでください。

       

臨終の迎え方 ガン患者が臨終に向かう過程を説明します。

       どのように死ぬのか、臨終の瞬間、

       死ぬときはどのような感覚なのか?

       知っておきたい方はここのカテゴリーを

       読んでください。


終末期の症状 痛み、苦しさ、だるさ、痩せなど

       終末期の症状と対処療法について説明します。

       症状コントロールがうまくいっていないと

                   感じている方はコチラを読んでください。


終末期の例  どのようなガンであっても

       最期は同じようになくなっていきます。

       肺がん、胃がん、大腸がんで最期の迎え方の例です。

       典型的な最期の迎え方であり、

       必ず、こうなるというのではありません。

                   心構えとしてお読みください



末期の心構 穏やかに終末期を過ごすために、

       本人と家族が準備しておきたいこと。





inserted by FC2 system