Dying of Cancer

余命を的確に予測、あなたらしく終末期を生き抜く


家族に出来ること…


このサイトを立ち上げてから、
ガン末期の家族が
出来ることはないのですかという
質問を回受けました。



ガン末期の家族が
できる最も大切なことは
辛い時間を患者本人と共有し、
残された最後の時を大切にすることです。




何度も申しておりますが、
「そばにいてあげること」
これに勝るものはございません。




しかし、
寝ている時間が増えた患者と過ごす時間を
持て余している家族の方は沢山います。




「そばにいてもしてあげられることがない…」



家族として
何かしてあげたいと思う気持ちはあるんだけど
何をしてあげたらいいか分からないという
不安な気持ちになります。




全然食べてくれないし、
話もしなくなってくる…



少しでも何か口にしてほしいと思って、
いろいろなものを試してみるが、
全然食べてくれない。



家族が患者のことを思って行うことが
全然喜んでもらえないのは
寂しいことです




よかれと思ってやってあげることが
患者の負担になってしまっては
本末転倒ですよね。






体力が少なくなった患者に

してあげられることは何か?




ひとつは入浴介助です。



がんの末期になると
入浴ですら大変なイベントになります。



ガン末期であっても、
入浴という行為は
わたしたち日本人の生活には
なくてはならない習慣です。




指先まで暖めることで
気分がほぐれ
心が落ち着きます。



入浴後は末期患者にとって
体力を消耗するイベントなので、
毎日行うわけにはいきません。



昼に入浴したら、
翌日までぐっすり寝てしまう方も
いるほどです。





入浴介助

体力が落ち、
自分で動くことが難しくなった病状で
一人でお風呂に入ることは
とても危険なことです



終末期になったら、
だれかに入浴中の介助を
してもら必要があります。




想像できると思いますが
大人の入浴介助は重労働であり
1人では難しいかもしれません。





マッサージ

いつも家族に薦めているのは
マッサージです。




優しいタッチのマッサージを施すと
非常に喜びます



マッサージは入浴に比べ
危険も少なく、
家族にかかる負担も大きくありません。



ゆっくりと肌をさするだけで、
うっとりするぐらい気持ちいいものです。



とくにガンが進行すると
体がだるく感じるようになります。



だるさを感じる時に脚や体をさすったり、
軽くもんであげると、
とても気持ちがいいようです



さすり方の力の入れ方に
コツはあります。



末期になると皮膚が弱ってくるので、
柔らかく、ゆっくりとさすならないと
皮膚にダメージを与えてしまいます。



子供が擦るぐらいのやわらかいタッチで
行わないといけません。



さすってもらうと、痛みが和らぎ、だるさも緩み
心地よい眠気にどっぷり浸かってゆくことでしょう。




家族とのふれあいは、
患者の自分が失われてゆく不安を軽減します。




マッサージに、
ベビーオイルやマッサージオイルを使うと、
滑りが良くなり、心地よさがアップし、
肌の摩擦が減り、肌を傷つけません。




エステやオイルマッサージをしてもらったことがある方は
知っていると思うが、
オイルの滑りが、心地よく、
眠気を誘います…





マッサージオイル



 
好みが別れるかもしれませんが、
ナチュラルな優しい香りのする
マッサージオイルを使うと
香りでも癒すことができます。



マッサージオイルには様々な種類があり、
どれを選んでいいか迷うかもしれません



安全性が高いと言われている市販のマッサージオイルでも、
人によっては刺激が強く、
アレルギー反応がでて湿疹や肌荒れを起こすことがありますので、
使用には十分注意を払ってくださいね。




マッサージオイルは大きく分けて3種類があります。

植物由来、動物由来、ミネラルオイル
です。

植物由来のオイルといえば、
ホホバオイルが有名ですよね。

サラッとして肌にも馴染みやすく、
肌にやさしく使いやすいです。





動物由来のオイルには
スクワランオイルや馬油などが
あります。


人間の皮膚に近いので馴染みやすく
刺激が少ないと言われていますが
動物っぽいにおいがします。


値段も比較的高価です。




ミネラルオイルの代表としては
ベビーオイルがあります。


ミネラルオイルは
石油を精製したものです。


赤ちゃんにも使えるので、
刺激が強いわけではありません。



植物由来や動物由来のオイルに比べ
肌になじみ難いです。


つまりベトベトします。


肌になじまないということは
膜を作り、外からの刺激をガードしたり、
保湿の作用があるということになります。



ミネラルオイルは独特な
硬質系のにおいがします。



ミネラルオイルのメリットは
安価ということですね。




この3種類の中で使いやすく、
肌に易しいのは
植物由来のマッサージオイルです。



植物由来の高級マッサージオイルといえば
ホホバオイルが有名ですよね。



ホホバオイルは
人の肌に近い成分であり、
サラッとしており、
保湿力があります。




エステでは高級なオイルとして定評があり、
肌の弱い人にも使うことが出来ます。



肌に直接使うものなので、
安心出来る商品でないと心配ですよね



お求めやすい価格のマッサージオイルを
紹介させていただこうと思います。





1.ジョンソンベビーオイル



安くて、沢山使えます。


ご存知の通り、
べったりとしています。



使用後しばらくはベタベタ、
ツヤツヤになります



滑りがよく
マッサージに適しています。



わたしが買うなら
ベビーオイルにすると思います








2.アロマベラ マッサージオイル アンセンテッド

無臭マッサージオイルならこちら!


サラッとして伸びがいい。


手に着いたオイルは
石けんですぐ取れます。


第一印象は昔使っていた
サンオイルに近い。


匂いはほとんどなく、
匂いが不要な方は
このオイルで決まりでしょう。


Amazonでの人気も高く、
値段も比較的安価です。



わたくしごとですが
冬のカサカサ肌のために
以前から利用しておりました。



塗った直後に服を着ても
ベトベトが服につき難く、
布団も汚れないことから
コチラを愛用しております



アロマベラのマッサージオイルは
様々なオイルのブレンドです。



サラッとしていて、
保湿力があることが定評されており、
Amazonでも常に上位にあります。




アロマベラ マッサージオイル レストフルナイト 200ml
僅かに香辛料のような香りがします。


しばらくすると蒸発するので
香りは気にならなくなります。








家族の方にも患者本人にも
癒される環境を作ることで
不安が和らぐのではないでしょうか。




どんなオイルを使っても、
あなたの手で患者の体をさすることに
勝る癒しはありません。







繰り返しになりますが
安全性が高いと言われている市販のマッサージオイルでも、
人によっては刺激が強く、
アレルギー反応がでて湿疹や肌荒れを起こすことがありますので、
使用には十分注意を払ってください。
何か以上があったら、医療機関にかかるようにしてくださいね。



 






inserted by FC2 system